格式に沿った着物選び




着物を着付けるにあたって、どのような場所に着ていくかによる着物の格を、まず選ばなくてはなりません。
礼節を重んじることが、和装着付けでは必要です。
浴衣からはじまり、街着や普段着、外出着、略礼装着、礼装着といったように、それぞれ適した役割を持っています。

着物に必要なこれらの知識を、ぜひ覚えてみて下さい。
「浴衣」は、もちろん夏の花火大会やお祭りの縁日、旅館で着付けるような、ラフな衣類です。
「街着」や「普段着」は、着物を日常的にお召しになる方ならば、浴衣よりも、通年着る回数が増えるのではないでしょうか。
紬や絣、ウール黄八丈があります。

続きを読む

(C) 2009 着物の着付け方