七五三に適した着物




七五三の着物は、ただ着せられればいいというものではありません。
子供の着物には、年齢によって一つ身・三つ身・四つ身と変わっていくものです。

祝い着をきちんと身にまとって、正式に氏神様に参拝することが、重要なのではないでしょうか。
着物を着付けてお祝いする行事というのは、考えてみれば何回も訪れるわけではありません。
子供さんの記念になるように、七五三に相応しい着物のポイントを押さえてみませんか。

「髪置の祝い」と呼ばれているのは、三歳の七五三のときで、男女とも一緒です。
「はかま着の祝い」は、五歳のお祝いで、もちろん男子のみ。
はかま着に対して「帯祝い」は、七歳の女子のお祝いです。

続きを読む

(C) 2009 着物の着付け方