着物に欠かせない小物は?




着物を着付けるときに必要となる小物は、外からは見えないので、一見省いてしまってもいいのではないかと考えてしまいがちです。
着物が着崩れてしまう原因が、実はこの小物をきちんと使用していないことにあると知ったら、安易にできなくなるでしょう。

帯板ひとつをとっても、着物の外見を支える大きな役割を持っているのです。
着物全体に、直線ラインをもたせることが、美しい着付けのポイントとなるので、帯の下のウエストラインが、くびれていない方が理想的なのです。
「帯板」は、そのためニ枚ほど用意してください。
「帯まくら」は、必ず1個必要です。

着物姿で歩くときには、「すそよけ」で良い素材を使用していると、足の運びがスムーズになります。
すそよけで望ましいのは、正絹やモスリン、羽二重でしょう。

続きを読む

(C) 2009 着物の着付け方