着物専門の下着




着物の着付けをした経験のある方なら、「はだじゅばん」や、帯の下に入れた板など、覚えていらっしゃらないでしょうか。
洋服に下着があるように、着物にも専用の下着があります。

着付け上げたすがたを、よりキレイなものにしたいという点は、着物も洋服も同じです。
だて締め、帯板、帯まくら、腰ひもなど何種類かありますが、今回はそういった小物でなく、着物の下に身につける、大きめのものをご紹介しましょう。

「はだじゅばん」の役割は、頻繁に洗濯ができるわけではないという性質の着物には、欠かせない存在です。
さらしもめんという生地が最も良いとされており、その理由には、洗濯がしやすいところ、夏季には熱を逃がして、冬には保温力に富んでいるという点があげられます。

続きを読む

(C) 2009 着物の着付け方