若年奥さまの着付けポイント




着物では、よく結婚をしてしまったら、他の男性にそでは振らないという意味合いを込めて、たとえ若い女性であっても、振り袖の着物は着てはいけない、ということをいわれています。
ミセスかミスかで選ぶ着物が決まってしまうのは、洋服と違って日本独特の文化ですね。

着物にまつわるルールといっても、少々のポイントを押さえてしまえば、難しく考えることはありません。
着付けをする際に、まだ若いミセス向けの、ちょっと知っておくと便利なルールを、ここでご紹介しましょう。

衣紋(エモン)は、基本6〜8cmと心得て、あとはご自身のサイズにあわせていきます。
打ち合わせに関しては、着物でも目に入る大事なところなので、開き過ぎには注意が必要です。

続きを読む

(C) 2009 着物の着付け方