ミセスの着付け




着物という衣類は、ほかの洋服などとは異なり、着付ける人のからだ付きに丸みが出てきてからの方が似合うという、嬉しい側面があります。
日本には、人を形容することばに、「味」や「粋」といった表現が多くありますが、着物にはそれらの持つ意味を体現するのに、ふさわしい魅力が秘められているようです。

ミセス世代に差し掛かったら、もう着物姿に味が出せる年ごろと言っていいのではないでしょうか。
着物を着付けずに、洋服ばかりで過ごすのは、日本人としてあまりにも勿体ありません。

続きを読む

(C) 2009 着物の着付け方