着物の着付けとひと言にいっても、その方の人間性や年頃などが表現できるものだということは、あまり知られていません。
着物を着る機会の多い女優さんなどで、毎回キレイに着付けていらっしゃることで有名な方もいらっしゃいます。
個性がある柄を選ぶばかりでなく、ちょっと襟元にゆとりを持たせたり、襦袢の見せる幅を広くとったりなど、着付け技はバリエーションがあるものです。

着物の着付けで自分らしさを演出

着付け慣れしている雰囲気を出したいという方には、半襟の幅を広めにとられることをお勧めします。

襟周りに色合いが増えるだけで、見る人に安心感を与えているのではなでしょうか。
着物に着なれている方というのは、どこかどっしりしたイメージがありますから、そこから幅を広めに着付けた人の方が、普段からお召しになっているなと思わせるのです。

半襟の幅を、その反対に狭く着付けた場合はどうなるのでしょう。
着慣れしているという印象とは異なり、ピリッと引き締まったインパクトが出るようです。

帯を締める位置においても、回数を重ねられれば自分らしさを演出する腕が身につきます。
「つの出しだいこ」「銀座結び」といった帯の着付けがありますが、着物を普段から馴染んでいる方に多く見られる結び方なので、参考になさってみてください。

帯をいくらか下の方に着付ける結び方、といった感じです。
「おたいこ」という、帯の内側に入れるものを、低めの位置に持って行きます。

帯を斜めに着付ける形になりますが、やり過ぎると粋に反しますので、くれぐれもご注意を。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

着物の着付け方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kimono.yumedia.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。